活躍の場を広げるナースコール

ナースコールの活躍する場面を聞かれたら、ベッドの上と答える人が多いでしょう。
ナースコールといえばベッドといえるぐらいイメージが強烈だと思います。

高齢者が増えている日本では、両親の介護を考えないといけない家庭が増えています。

寝たきりの人に異常がないか気になりますよね。
そのようなときには、ナースコールの力を借りると介護する側も安心です。

ナースコールも発達し、活躍の場をベッド以外にも見つけ出しています。
ベッドから起き上がったあとに何かあった場合、ナースコールで異常を知らせるのは難しくなります。

マットや柵、浴室やトイレ等、ベッド以外の場所でナースコールと連動して異常をすぐに発見できるようにするといいでしょう。
ワイヤレス化したナースコールを利用すれば、回りの人にもいち早く状態を伝えることが出来て便利です。